退職と転職を繰り返す日々を止めるためには、コツが要ります。

退職と転職を繰り返さないためにすることは一つだけです。

退職と転職を繰り返さないために、ひとつだけ対策が必要です。仕事面のスキルアップもそうですが、精神的なスキルを磨くと転職を繰り返さなくなります。今では、ネットがあるので精神面を鍛えるのには良い情報は容易に知ることができます。さらに、転職以外の行動によっても、メンタル面を強化することができます。オススメは、「海外旅行」です。外国は、文化も言葉も大きく異なるので、逐一、勉強になります。ですから、帰国してからも心境の変化が生じるはずです。日本に戻ってくると、自分のこれまでの視野の狭さに驚き、こんなにも世間は狭かったのだということを実感することができます。その気持ちを携え、面接に向かうと、これまでとは格段に違い胸を張った面接になるので良い方法です。どうしても、退職後しばらくは精神的に弱っている人が多いのでその後のために休業期間も必要です。

転職の時にする面接では会社側からクールビズでも大丈夫で…

転職の面接において会社側からクールビズで良いとと事前に言われる時もあります。ですが、なかには、クールビズの格好は実際は社会人として常識に欠けるのでは?と思いがちです。そのような思いを懐に抱いている人に言いたいのが、会社側からクールビズでも良いとされている面接は言われた内容をそのまま実行したほうが不安要素がないです。色々考えて、夏真っ盛りの時期にしっかりとしたスーツを着用していくと不自然な印象を与えてしまいます。ですから、企業側からクールビズで来てくださいと伝えられたらクールビズでいくのが望ましいです。

将来、私たちの労働環境においてどんどんシンプルな作業…

私たちの社会的環境において、将来的に確実に短絡的な仕事は機械で対処されるようになり当然のことながら必要な稼働人口は縮小していきます。どうしてかというと、考えなくてもできる労働は人間以上に機械でやったほうが比べられないほど利便性にすぐれているからです。数量をカウントしたり、同一の動きをリピートしたりすることは機械にとってはへっちゃらです。人と違って言い訳もしないし、肉体的な疲れもないし、適当にすることもないし、正確に作業してくれますし、均一化できるメリットもあります。さらに、人と違って給与も発生しないのです。なので、人を使う理由がまったくなさすぎます。機械化が当然の結果といえます。

在職していた会社で嫌な上司の存在に悩みを抱え、とうと…

昔働いていた会社でのことですが感じの悪い上司に悩みを抱えて、ついには耐えることができなくなって退職し、同じ畑の他社に乗り換えました。居心地よく勤務することができて本当に満足した日々でしたが、緩やかに業績が落ち込み、ある会社に経営統合されることとなったのです。ところがその統合した会社がなんと前働いていた会社で、ものすごく嫌いだった上司がまた私の上司になることに。いったいこれはどれだけ縁があるのでしょう。当然新たな転職活動をし始めています。

仕事を探していた時期にかなり複数の人材紹介会社に登録していたのですが・・

自らが求職中のころずいぶん多くの人材紹介会社に登録していたのですが、その時に特に感じたのはサポートしてくれる担当者のレベルが本当に様々で大方満足のいく対応をしてくれないアドバイザーばかり。こっちは人生がかかっているのにもっと真剣に臨んでほしいという気持ちが募って、それが発端となり私はキャリアカウンセラーになりたいと考えるようになりました。その資格を取得できるまでにはお金がかかりました。それに加えて資格取得のための勉強面もかなり大変なわけですが、お仕事を探している人からあなたが担当者でよかったと言ってもらえる存在になるべく努力しています。


広島 英語学校

コメント

タイトルとURLをコピーしました