転職なら、当然やりがいのある仕事をすることも大切だけ・・

転職先を選ぶとき、むろんやりがいを考慮することも大事だけ…

転職先を決めるのに、言うまでもなく仕事のやりがいアップも大切だけどそれに加えて給料が増えることも大切なポイントですから「年収サイト」に登録していろいろと調べています。全く同じ会社でしかも一緒の職種、経歴であるにも関わらず人によってずいぶんと幅がある場合も数多くあって、正直なところ面接を受けた時に質問したことがあります。面接官もそのサイトをよく見ていたようで「ああ、高い年収で書かれているのは、書いたのは誰なのか予測できるのですが、多分見栄をはってるんですよ。低い方の収入で心づもりしといてください」とのことでした。

転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」で考えている・・

転職する場合、派遣社員という勤務形態を考えている方にぜひ覚えてほしいことが数点あります。なんとなく派遣社員に対して、お茶出し、電話対応などの雑務、雑用等をなどの業務をぼんやりと連想する人がおそらく多々ありますよね。最初は私自身もかつてはそう思っていました。現在勤めている会社に入社するまでは「電話対応が主な業務」と入社前に説明を受けました。ところが、働き始めると、「電話対応」だけでなく、退職した正社員の穴埋め役を頼まれました。とくに知識もないので毎回てんてこまいですし、入社前の説明とは全く違うのでとても困惑しています。今はとにかく、「はやく契約期間が終わってほしい」と願うばかりです。

転職活動といえば、希望している企業そのものよりも、採用担当の面接係員と・・

転職活動を成功させたい場合、企業とのやりとりよりもどっちかというと「担当面接官」とのやり取りが大事といえます。しっかり採用してもらうために、初歩として面接だからといって焦る気持ちを抑えて平常心を強く意識しましょう。例えればお見合いするかのような姿勢でいる望むと良いかもしれません。とくに面接ではまず第一にあなたの「人間性」を判定されるのでマイナス評価につながりそうな見た目や言動は注意しぜったいに控えましょう。そして社会人らしいきちんと整った服装で向かいましょう。魅力ある人物と面接官に思ってもらえれば、転職活動はかなり楽になります。

これはシフトの仕事に関する話なのですが、特定の曜日に入れる人を募集している求…

「シフト制」の仕事についての話なのですが、毎週、同じ曜日に仕事できる人を募集する求人をけっこう目にするのですが、休む手順やシフトの提出方法についてはあらかじめ確認しておくべきです。それはどうしてかというと、以前に私自身が、産休で抜けた人の助っ人として、正社員として入ったのですが、「土日」固定となるシフトで、新人の私以外、他の社員はいない状態という職場でした。産休に入った人が「土日」に必ず出ることができたので、私もそう思われていたみたいです。実際「土日」に外せない用事が入ったりした場合、シフトを変わってもらうときは、職場の先輩たちに「代わりに出ていただけませんか?」と自ら依頼しなくてはいけませんでした。立場も給料も同じなのに土日は私だけなんて・・・。思い出すとよく我慢したな、と自分でも驚きです。

最近の転職における状況ですが、政治による変化が出始めています。

昨今の転職事情は、政治によって左右されつつあります。安倍総理が舵取りを行う現内閣では、「アベノミクス」「三本の矢」といった形で経済に関係する政策が次々と打ち出されています。経済政策ともに日銀による「金融政策」と、たがいに作用しあって、財界・民間企業側からも今までとは違う社会的な変化が顕在化しつつあります。その余波を受け、企業の側でも労働人口減による「人材不足」が社会的な問題として取り上げられています。なお、外国人の労働者を現状よりも増やしていく、と現内閣は方針として掲げています。雇用や転職問題もかなり幅が広がりそうです。こうした社会情勢の変化によって、国内の雇用や転職といった事情にも、大きな影響が出てくるのは間違いありません。


経営コンサルティングなら東京の英知コンサルティングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました